導入事例

フルボールタイプ(リテーナーなし)樹脂ボールベアリング

リテーナー(保持器)がなくてシンプルな作りなので、
溶液中に不純物があっても滞留しない
プラスチックボールベアリングです。
めっき槽の中でも使えます。

フルボールタイプ(リテーナーなし)樹脂ボールベアリング
フルボールタイプ(リテーナーなし)樹脂ボールベアリング

通常の深溝ボールベアリングにはボールを固定するための
リテーナー(保持器)がついています。
しかし、溶液中や水分のかかる環境でベアリングを使用する場合、
溶液や水分に不純物が含まれているとリテーナーに
不純物が詰まって回転に支障をきたす場合があります。

フルボールタイプ樹脂ボールベアリングには
リテーナーがないので、ベアリング中の溶液の行き来を円滑にし、
不純物が詰まりにくい構造となっています。


また、めっきラインでは、金属製のベアリングはベアリング自体に
めっきが乗ってしまうため使用できませんが、
プラスチックベアリングならめっきが乗らないので
めっき槽の中でも使用できます。

水中、溶液中や水分がかかる環境で、
プラスチック製のベアリングを使用したいが
リテーナーがあることで不具合を起こす可能性がある場合におすすめです。

極低速回転しか使用できません。

●主な用途
・不純物の含まれる液中や溶液がかかる環境
・半導体、電子部品のめっき(メッキ)ライン、洗浄ライン
・海中など液体に不純物が含まれるライン
・食品カスなどが発生したり油を使う食品製造ライン

※極低速回転しか使用できません。



導入事例トップに戻る

資料請求・お問合せはこちら

ページの先頭へ

  • 鹿島化学金属の取り組み
  • 会社案内
  • 採用情報
  • プライバシーポリシー
  • リンク集
  • ご注文の流れ
  • 資料請求・お問合せ