材質別一覧

PPS(ポリフェニレンサルファイド)

PPS(ポリフェニレンサルファイド)
PPS(ポリフェニレンサルファイド)
PPS(ポリフェニレンサルファイド)

樹脂ベアリング(樹脂軸受)に使われる材料であるPPS(ポリフェニレンサルファイド)の特徴です。
材質にどのような特徴があるかご確認ください。

PPS(ポリフェニレンサルファイド)の概要

フェニル基(ベンゼン環)とイオウ(S)が交互に繰り返される分子構造を持った、結晶性の高性能エンジニアリング・プラスチックです。
耐熱性に優れ、高温度中で長時間の使用が可能です。耐薬品性に優れ200℃以下でPPSを溶かす油脂、溶剤はありません。
また、難燃性や引っ張り強さ、曲げ強さに優れており、成形時の収縮率が小さく寸法安定性が高い特徴があります。 欠点としては靱(じん)性が小さく(衝撃荷重に弱い)、耐候性が良くない,成形時にバリが出やすいといった点が挙げられます。

※耐候性 (たいこうせい)とは、プラスティックや塗料等が、屋外で使用された場合に、変形、変色、劣化等の変質を起こしにくい性質をいいます。

PPS(ポリフェニレンサルファイド)の特徴

オススメ度
◎充分おすすめできる ○普通におすすめ △使用できるがおすすめしない ×使用不可

材質名 呼び
記号
ドライ 不定期
水分
水中
/海中
蒸気 耐薬品 非磁性 絶縁
アルカリ 有機溶剤
フェノール SD ×
SDK × × ×
SDHG × × × ×
PTFE PT ×
PTG ×
PTE
PTN
UHMW PE ×
PP PP
PEEK PK
PKG ×
PPS PS
PSG ×
PCTFE PCT
PVDF PV
カーボン CY ×

注)薬品については種類や濃度等ご相談ください。

PPS(ポリフェニレンサルファイド)の耐温度性能

オススメ度
最もオススメ とてもオススメ ○普通にオススメ △使用できるがオススメしない ×使用不可

材質名 呼び記号 温度
-190℃~ -100℃~ -50℃~ -20℃~ 常温~60℃ ~120℃ ~200℃ ~350℃
フェノール SD × × × ×
SDK × × × ×
PTFE PT ×
PTG ×
PTE ×
UHMW PE × × × ×
PP PP × × ×
PEEK PK × × ×
PKG × × ×
PPS PS × × × ×
PSG × × × ×
PCTFE PCT × × × ×
カーボン CY × ×

注)ベアリングの形状が変わります。

材質別一覧TOPへ

資料請求・お問合せはこちら

ページの先頭へ

  • 鹿島化学金属の取り組み
  • 会社案内
  • 採用情報
  • プライバシーポリシー
  • リンク集
  • ご注文の流れ
  • 資料請求・お問合せ