取扱商品一覧

プラスチックボールベアリング(深溝ベアリング)

写真:深溝ベアリング

深溝ベアリング(単列深溝玉軸受)は、ボールベアリング(転がり軸受)の中で最も代表的な形状であり、最も多く使用されている軸受です。軌道輪(内輪・外輪)とボール、そしてボールを支える保持器の組み合わせで構成されています。

基本的にラジアル方向(軸に対して垂直方向)に対する荷重をメインに受ける事ができますが、両方向のアキシアル荷重も負荷することができます。

摩擦係数が低く、安定した回転が要求される用途に適しています。

軌道輪の溝はボールの半径よりわずかに大きい円弧になっており、ボールと軌道輪は点で接触します。また滑り軸受と比較すると、ボールを使うことにより回転の際の抵抗が低くなり、安定した回転が要求される用途に適しています。
⇒ベアリングの構造

弊社ではベアリング材料として主にプラスチックを使用しております。プラスチック製のベアリングには、「無潤滑・無給油で使える」「水・薬品でサビない、腐食しない」など金属ベアリングとは違った様々な特徴があります。
⇒樹脂ベアリングの特徴

プラスチックベアリングは金属ベアリングを使用することができない特殊環境などでお使いいただいております。ただし全ての特殊環境に万能な樹脂はありませんので、使用される環境によっておすすめの材質をご紹介いたしております。また切削加工で製作している為、どんな形状でも製作できます。

何かベアリング等でお困り事があれば、ご訪問もさせて頂きますので気軽にご相談下さい。

主な寸法表

寸法図
主要寸法(mm) 呼び番号
d D B
10 19 5 6800
22 6 6900
26 8 6000
30 9 6200
35 11 6300
12 21 5 6801
24 6 6901
28 7 16001
28 8 6001
32 10 6201
37 12 6301
15 24 5 6802
28 7 6902
32 8 16002
32 9 6002
35 11 6202
42 13 6302
17 26 5 6803
30 7 6903
35 8 16003
35 10 6003
40 12 6203
47 14 6303
20 32 7 6804
37 9 6904
42 8 16004
42 12 6004
47 14 6204
52 15 6304
22 44 12 60/22
50 14 62/22
主要寸法(mm) 呼び番号
d D B
25 37 7 6805
42 9 6905
47 8 16005
47 12 6005
52 15 6205
62 17 6305
62 17  
28 52 12 60/28
58 16 62/28
30 42 7 6806
47 9 6906
55 9 16006
55 13 6006
62 16 6206
72 19 6306
32 58 13 60/32
65 17 62/32
35 47 7 6807
55 10 6907
62 9 16007
62 14 6007
72 17 6207
80 21 6307
40 52 7 6808
62 12 6908
68 9 16008
68 15 6008
80 18 6208
90 23 6308
主要寸法(mm) 呼び番号
d D B
45 58 7 6809
68 12 6909
75 10 16009
75 16 6009
85 19 6209
100 25 6309
50 65 7 6810
72 12 6910
80 16 6010
90 20 6210
110 27 6310
55 72 9 6811
80 13 6911
90 18 6011
100 21 6211
120 29 6311
60 78 10 6812
85 13 6912
95 18 6012
110 22 6212
130 31 6312
65 85 10 6813
90 13 6913
100 18 6013

取扱商品一覧TOPへ

資料請求・お問合せはこちら

ページの先頭へ

  • 鹿島化学金属の取り組み
  • 会社案内
  • 採用情報
  • プライバシーポリシー
  • リンク集
  • ご注文の流れ
  • 資料請求・お問合せ